他ラーメン 他都道府県 美味しい記事

【群馬県】徳嶋ダイスケ、初めての家系ラーメンに舌鼓の巻【アジコメアブラオオメカタメノリオオメ】

投稿日:

徳島県内には、ご当地ラーメンセレクションというラーメンの自販機が存在する。ひとつは徳島市に、ひとつは吉野川市にある状態だ。で、以前、吉野川市にある2号機の全種類のラーメンを1つずつ購入して、冷凍庫に保存しておいた。

で、今回は2連休を利用して、どんどん食っちゃおうじゃないかということで1つ1つ食べてみることにした。

ちなみにこの日は、朝から氷瀑を見に行ってて、全身冷え切っていたので、帰宅するや否や「今日は吉祥寺武蔵家アジコメアブラオオメカタメノリオオメを喰う!」と準備開始した。

まずは恒例の中身チェック。

左上がかちんこちんのスープ。左下がトッピングのほうれん草とチャーシュー。

右上が大量の海苔。右下が麺。見るからに極太である。

さて、こちとら寒いし、腹ペコだしなので、すぐさま調理に取り掛かる。まずはスープとトッピングを湯煎。

そして、麺を茹でる用の鍋を引っ張り出し、水を入れておく。推奨時間は15分程度らしいので、それを忠実に守ることに。同時に「なるほど。それじゃ麺の茹で時間が3分強くらいだから……」と逆算しながら麺を用意したり、器を用意したりする俺。

湯煎され組のためにセットしたキッチンタイマーが、残り3分30秒になったところで麺を熱湯にどぽーん!

ゆであがーれ ゆであがーれ ゆであがーれ らーめん!

途中、菜箸でほぐしつつ、完成を今か今かと待ちわびる。

やがて、キッチンタイマーがあと20秒で鳴るというタイミングで、スープを器にそそぎ、すぐさま麺の湯切りを開始。そして、麺を器に入れた後、ギリギリまで温めていたトッピングを施す。

食べる直前に、11枚の海苔を見本のとおりに突き刺して完成!

完成したのがこちら。

次のページへ >

-他ラーメン, 他都道府県, 美味しい記事

Copyright© 週刊トクシマ , 2022 All Rights Reserved.