不思議 吉野川 徳島県民による徳島観光 自然・景色

【吉野川市】凍てつく母衣暮露滝の氷瀑を眺めに行ってきた話【つらら】

投稿日:

氷瀑って知ってる?

ほら、とめどなく流れ続けている滝が凍って、スゲェ氷柱(つらら)になるってアレのこと。ひょうばく。俺ね、今まで一度も生で見たことがなかったのよ。もちろん写真や映像では観たことはあるんだけど、直は一度もなかった。

やっぱり行くの怖いじゃん。だって滝が凍るレベルの寒さでしょ? 絶対目的地までの道、凍ってるか雪積もってるでしょ。徳島県でも山間部の雪に馴染みのある人たちならともかく、俺なんてギリギリ山の入口くらいに住んでて、雪なんて滅多に降らない地域なんで、「アイスバーン怖っ」「雪道なんて運転出来んって」と思っていた。多分チェーンも上手に装着できないし笑

でも、今年(2022年)1月26日くらいの徳島新聞で、「母衣暮露滝(ぼろぼろたき)、凍り付く」って記事が載ってるのを見て、「ふー今年は行っちゃうか」と思い立った。比較的家から近い滝だったし、昨年末にスタッドレスタイヤに変えていたのもあるしね。

かなり前置きが長くなったけど、そういうわけで今回は念願の氷瀑を見に行ってきたお話。

2022年2月6日(日)午前5時 出発

久々の冒険。ここ数か月は冒険らしい冒険が出来ていなかったから、ワクワクが止まらない。

朝5時半にアラームをセットしていたのに、目覚めたのは4時半と1時間も早かった。でも、早めに寝たので体調は万全。早起きは三文の徳なんていうし、ささっと準備して出発。

上半身は、ヒートテック1枚。厚手のパーカー。そして、ダウンジャケットの3段防御。下半身は、パンツ、ヒートテック1枚、薄いテーパードパンツ1枚。そして、ワークマンで買った980円の「滑らないゴム底の靴」という、俺にしては珍しく厳重なフル装備だ。

いいか、みんな。山をなめるな。山では冷静にビビっとけ。山は面白半分にメラゾーマとかイオナズン級の攻撃をぶっ放してくるからな笑 

しっかりガソリンを満タンにした俺は、念のためカーナビをセットして母衣暮露滝へ向かった。

母衣暮露滝へのルートは、基本細くて、少し荒れた山道だ。しかも、今は2月初旬とあって、徳島県といえども結構冷え込む季節。滝に近づくにつれて、道路を覆う雪の量が増していくのが分かった。

運転中、何かが動くのを確認。チラっと見ると、野ウサギ。「あれ? ウサギって冬眠せんのかな?」と疑問に思った。(調べてみたところ、ウサギは冬の寒さに強い動物らしく、冬眠はしないらしい)

しばらく進むと、わだちのない真っ白な道路の上に謎の足跡を発見。

次のページへ >

-不思議, 吉野川, 徳島県民による徳島観光, 自然・景色

Copyright© 週刊トクシマ , 2022 All Rights Reserved.