カンガルーとワニを食ったことがあるかね?

珍しい肉を喰らったときの話。

 

一般的に食肉のイメージといえば、牛肉・豚肉・鶏肉と言ったところで、そこに羊や、猪とか鹿とか鴨とかが挙がるんじゃないかと思う。ちょっと変わったところで熊とかね。

一時、変わったものを食べるのにハマっていて、いろんなサイトを覗いて気になったものを買い漁って試してみたことがある。

今回は、その中でも強烈なインパクトだった肉の話をしたいと思う。

 

カンガルーの肉

正直言うと、加工されていて元の味がわかんないくらい香辛料で味つけされているんだけど、結構臭みがある。いわゆる獣臭ってやつで、そういうものにひどく鈍感な俺でも「おや、これは結構キツいな」と苦笑いしてしまったほどだ。

肉そのものの食感は、少し固い。そして、噛めば噛むほど鼻から抜ける獣臭とキツめの香辛料の波状攻撃に閉口した。

でもまあ、食べられないほどではないし、「そういうもんだ」と思って食べればそれなりにイケると思う。よく食レポなんかで使われる、「ほう、これは好きな人にはたまらない個性的な味ですね」と言った逃げ口上がぴったり。もちろん、上手に調理されたものなら美味しいのかもしれないが、俺が食べたのは悪い意味でのパンチが強すぎた。。。

ワニの肉

ワニといえば、獰猛な怪獣のような動物だ。表面を覆うウロコのイメージからか、肉も固いんじゃないかという先入観があったんだけど、思いのほか肉は柔らかかった。

カンガルーと同様、香辛料まみれではあったが鶏肉に近い食感で、まあまあ美味しかった。

多分、カンガルーほど臭みはないだろうし、食べやすいと思う。ちなみに地元から少し西へ進んだ地域では、郷土料理づらをしたワニ料理が存在するのだが、まだ食べたことはない。いつか食べてみたいものだ。

調理法

挑戦したことがないから想像なんだけど、多分煮炊きして食べるような肉じゃないと思う。

牛、豚、鶏たちと違って、出汁との相性も良くなさそうだし、繊細な味つけにも合わないと思う。これらの肉は、シンプルに焼いて食べる以外になさそう。

もし、お隣さんからお歳暮でカンガルーかワニの肉を貰ったら、迷わず焼こう。塩コショウ振って、にんにく醤油で食べれば良いかもしれない。

 

お気軽にフォローください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です