スマホゲームは無課金でやるのが吉

世の中には面白いスマホゲームがゴマンとあるわけだが「課金はしない」派である。

そして、「課金しない」状態のまま完全にクリアしたこともある。

というのも、俺が遊ぶスマホゲームは大抵「繰り返し遊べば技術が磨かれて何とかなる」ものがほとんどだからだ。

EA SPORTS UFC

EA SPORTS UFCという格闘ゲームにドハマりしたことがあった。

格闘技ファンなら誰もが知るUFCの格闘ゲームである。

「ちょっとスマホでゲームでもやってみようかな。だとするとどれがいいかな」とネットで調べていて発見したのがこのゲームだった。

ゲームは非常にシンプル。

自分で作成した格闘家を他の格闘家(CPU)と戦わせながら、経験値を貯めて技を覚えさせたり、精度をあげたりして鍛えて強くして進めていくというものだ。

操作もアーケードコントローラーなどとくらべて、スワイプやタップというタッチパネル式端末ならではの感覚的操作で遊びやすいのが特徴だ。

とはいえ、序盤はとにかく他の格闘家にやられまくる。操作がおぼつかないのと、技不足・実力不足だからである。

でも、何度も何度も繰り返しやられていくうちに、相手の動きが見えてくる。

「こいつはジャブ打った後にスウェーでひと呼吸おくから、拳の引き際に合わせて……」

という具合に攻めるタイミングがわかってきたり、

「意外と左右のロングフック連発でゴリ押しでいけるパターン多いな」

という妙なポイントを見つけたりしながら、プレイヤー自身がゲームになれていけば、EA SPORTS UFCは無課金でドンドン進んでいけるのだ。

進んでいくたびにポイントが貯められ、ガチャも無料で引ける分で充分強く成長させられる。根気と時間さえあれば誰だって強くなれるのである。

結局、俺がドハマりしていた頃の段階で登場した200人のライバルたちは俺の無課金戦士によって殲滅されることとなった。
(もっとも、それ以降のアップデートでの追加選手については不明。)

 

color fidget spinner

今、何となく暇つぶしにやってるのがcolor fidget spinnerというヘンテコなゲームだ。

ゲームといって良いのかさえ微妙だが、妙にハマってしまった。

今、縁日なんかで腕白小学生たちをそれなりに夢中にさせているとどっかの記事で読んだことがある、「ハンドスピナー」のスマホゲーム。

ハンドスピナーとは、三つ又のブーメランみたいなカタチのものを指で回転して遊ぶという下らないけど変に面白い玩具だ。

これも無課金で楽しめる(っていうか課金制度があるのかさえわからない)。

課金の代わりにCM広告を一定時間見ることで、ゲーム内で使えるお金が増えるからそれを利用するのも有りだ。

「こんな凄いゲームあんのかー」とボケーッと見ているうちにCMは終わる。

昨日から初めて、仕事の合間、某ライブイベントのチケット購入までの合間などにチマチマプレイしていた。

でも、多分そろそろ飽きると思う。

 

他にも「不気味な日本人形」を育てるゲームなんかもやったなあ。

あんまり長く楽しめるものばかりではないけど、暇つぶしには程よいボリュームのゲームがたくさんある。

今度はどんなゲームをしてみようか。

 

 

お気軽にフォローください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です