徳島県民による徳島観光 日和佐 海部 道の駅

徳島生まれ徳島育ちの俺がひとりで徳島観光を満喫 県南部の道の駅を巡る冒険編

更新日:

前回のあらすじ

巨大な犬・バロンくんや国内最年長の亀・浜太郎先輩、知らないおじさんなど、さまざまな動物とふれあった俺は、県南部に点在する道の駅を巡る冒険に出た。

とりあえず、先に寄って食事をとった「道の駅 日和佐」はもういいだろう。

となると、更に南下して「道の駅 宍喰温泉」にいきたい。何しろ県内最南端にある道の駅だ。そこを攻略しておけば、一気に制覇が見えてくるだろうからね。

道の駅 宍喰温泉

だけど、距離がかなりあったな。(33.8キロ)
約40分近くかけて、ひたすら運転。そして、到着。

あまり人がいないが、気にせず中へ。

  ……おかしい。

店員さんはいるけど、施設が機能してないように思える。

ただ、フロア(物産館だけ)は自由に見て回れた。

阪急ブレーブスの黄金期を築いた名将・上田利治監督のユニフォームが飾られていたり、ジャンボ3兄弟のサインやアイテムが飾られていたりしたのが見られた。特に上田監督のユニフォームを見られたのは嬉しかったな。昭和のプロ野球をこよなく愛する俺としては、大好きなノムさんの強力なライバルとして立ちはだかったライバル的存在だからね。

でも、物産館には誰もいない。
  不思議に思って調べたら、11時からの営業とのこと。まだ11時になってなかったから機能してなかったみたい。

本当は温泉も気になるけど、今回は時間があまりないのだ。次々行かないと移動時間がめちゃくちゃ多くて読めないのである。結局、オープンを待たずに次なる道の駅を目指した。

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 日和佐, 海部, 道の駅

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.