三好 徳島動物 徳島県民による徳島観光 美味しい記事 自然・景色

【祖谷名物】「でこまわし」&「鮎の塩焼き」をムシャって来た話【ネコネコ有り】

投稿日:

囲炉裏っぽいところで串に刺した魚や、でこまわしをじっくり焼いているのを見てみたい。食べてみたいと思ったので、今回は久しぶりに徳島県西部に向かって車を走らせた。目的地は、観光情報誌「るるぶ」などでも紹介されている「いこい食堂」である。

ちなみに、でこまわしとは「ジャガイモ」や「豆腐」、「コンニャク」などを1本の串に刺して、甘い味噌を塗って焼いた徳島県の三好市あたりの名物のことね。

「いこい食堂」は祖谷のかずら橋を渡ってすぐ左手にあるお店で、多分去年も訪れて祖谷そばの山菜入りのやつを食べたはずである。(記憶があいまい)

前日の天気予報では、台風6号の影響を受けて雨、もしくは曇りということだったが、この絶対的晴れ男が魂こめて吊るしたてるてる坊主の威力は効果絶大。まさかの快晴となった。

うきうき気分で運転すること約2時間。(終始熱唱していたため、感覚的にはあっという間)

昨年同様、無人有料駐車場に車を止め、目的地へと早歩きで向かう。

約1年以上ぶりに訪れた祖谷のかずら橋だが、今回は渡らない。遠目に眺めておしまいにし、すぐさま「いこい食堂」へと歩いていく。

店先にいくと、俺がイメージし、欲していたとおりの形で鮎が焼かれていた。

ところが肝心のでこまわしのほうが1本も焼かれていなかった。

女将さんいわく「もうちょいしたら、焼くけんな」とのこと。仕方ないので、まずは鮎を1本買って食べつつ、でこまわしの完成を待つことにした。

鮎を受け取ったとき、女将さんが「滝を見ながら食べたらいいよ。綺麗やけん」と言ってくれた。

(そういえば去年も滝眺めたっけなあ)と思いつつ、礼を言って鮎を手にすぐそばにある滝まで歩いていった。

ここ数日はそこそこ雨が降ったからだろう、滝は水量もしっかりあって迫力があった。

記憶は定かではないが、去年見たときよりも良い感じに思えた。椅子やベンチなどはないので、ぼんやり突っ立って滝を眺めながら鮎をひとかじり……。

うまい!

もともと鮎は結構好きなほうだったが、これはかなり旨かった。

塩加減も絶妙で、じっくり炙られるように焼かれているからか身もしっかりふっくら柔らかい。ワタの苦味も旨味たっぷりでクセになる。これはいい。最近ふたたび飲めるようになった日本酒でもあればたまらなかっただろう。

贅沢をいうのなら、ここに新鮮なすだちでもあれば完全完璧だったな。

新鮮な鮎の塩焼きの苦味と旨味のグラデーションを楽しんだ俺は、気をよくして視界に入った階段をリズミカルに下りてみた。

すると、河原に出られる。そこからは、かずら橋を見上げられるかたちで眺めることが出来た。多分前回来たときも階段に気づいて降りていたはずだが、まったく覚えがなかったので鮮度抜群に驚けたので良かった良かった。

そろそろ、でこまわしはどうだろう。

自分でも少し気が早い気がしたんだけど、とりあえず再び「いこい食堂」の店先へ向かった。

次のページへ >

-三好, 徳島動物, 徳島県民による徳島観光, 美味しい記事, 自然・景色

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.