三好 徳島県民による徳島観光 自然・景色

【山城町】妖怪 ひだるラーメンに挑戦!【レストラン大歩危峡まんなか】

投稿日:

「でこまわし」と「鮎の塩焼き」を食べたことで、先週1週間食事制限によって抑えつけられていた俺のお腹が完全に覚醒した。

モット喰イ物ヲ寄越セ……の大合唱。

こうなったらガツンとラ食べて黙らせるしかない。

ということで俺は、迷うことなくレストラン大歩危峡まんなかへ向かった。

レストラン大歩危峡まんなかは、レストランの他にお土産の販売遊覧船なども手掛けており、日本国内のみならず海外からの観光客もたくさんやってくるお店である。

実際、俺が訪れた日も様々な国の人たちがいて賑わっていた。

このレストランは食券システムを採用しているので、掲示されたメニューの写真を眺めて選ぶことに。すると、実に興味深いものを発見した。

妖怪シリーズ第2弾 ひだるラーメンなるものを見つけたのだ。(調べてみたところ、妖怪シリーズ第1弾は 妖怪づくし「ひとつ目丼」 という20食限定のやつのようだ)

「地域に伝わる妖怪伝説」という説明書きを引用しておくか。

当地ではお腹が減って体力が無くなり、体が動けなくなることを「ひだるい」や「ふだるい」と言います。昔、山中を行く人に憑りついてひだるくさせる「ヒダルガミ」という妖怪がおりました。人通りの無い山中で身動きが取れなくなると命に係る危険性があるので村人たちはヒダルガミを大変恐れたそうです。水や握り飯を一口分でも余分にもっていると、ヒダルガミに憑りつかれないといわれていますが、これは備え無しには山に入るなという教訓なのかもしれません。皆さんもヒダルガミに憑りつかれないよう、当店オリジナルの「ひだるラーメン」でしっかりと腹ごしらえしてください。(原文ママ)

地域に伝わる妖怪伝説より

これが「ひだる」の由来ってわけだな。なるほど。

食券を買い求め、店員さんに手渡し、テキトーな席に座っていると、「せっかくなので窓際の席がおすすめですよ。景色も綺麗ですので」と教えてくれたので移動。

本当だ。ちょうど真下に流れる川と遊覧船が見えた。

しばらく窓ガラスにくっつくようにしながら川と船を眺めていると、お待ちかねの「ひだるラーメン」がやってきた。

次のページへ >

-三好, 徳島県民による徳島観光, 自然・景色

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.