史跡・城跡 徳島の神社仏閣 徳島市 徳島県民による徳島観光 自然・景色

【財布忘却】神山森林公園イルローザの森 後編【しょぼくれ散歩】

投稿日:

前回までのあらすじ

買い物しようと山まで出掛けたが、財布を忘れて不愉快なダイスケさん。しょぼくれながらも「お金がなくても楽しめるスポット」を目指して神山森林公園イルローザの森にやってきた。そこで一眼レフでの撮影の練習をしつつ、闊歩。そして、これまで踏み入れたことのないゾーンに進んでみることに……。

標高400.5m

前記事のあたりから更に上に向かって歩いてくとさ、こういうのあった。普通こういうのってこの敷地内で一番高いところにあるイメージがあるんだけど、実はここが一番高いところって言うわけじゃないんだな。

もう少し上まで歩いていけるから、何でここに標高を記したんだろうと不思議に思っている。

それはさておき、こちらをご覧あれ。

左から「高越山」「大滝山」「?峠」「大山」「大麻山」「大鳴門橋」「眉山」と書かれている。この方向にそれぞれがありますよって目印だね。

竜王神社

森林公園全体を見下ろすように眺められる高台には、竜王神社があった。こんなところに神社があるなんて知らなかった。(いつも下の方でウロウロ遊んで満足していたのだ)

2匹の白い蛇が巻き付いた何かが中央に置いてあり、その左右にロウソクが立てられていた。

わかりづらいけど、竜をかたどったような置物があった。

立て札などの説明書きがないため、無知な俺には神社のいわれみたいなのがわからなかったが、どうやら竜王とは「水と雨をもたらす神様」みたいな扱いのようだ。

神社前にはめちゃくちゃ広い空間がある。俺が駆け回っても有り余るほどの広さだ。(もちろん罰当たりそうなのでやらないけど(;・∀・))

無料の望遠鏡

とりあえず見つけるたびに覗いてみるんだけど、ちゃんと見えた試しはないな。大抵壊れているのか見えない。あまり期待せずに今回も覗いてみる。

……うん、見えない。平常、平常。次行ってみよう。

謎の鐘発見

見えない望遠鏡のすぐそばを振り返ると、少し高台に面白そうなものを発見した。鐘だ。こういうのを見つけると、近づいてみないと気がすまない。

何となくオシャレなゲートをくぐって近づいていく。太陽の光でうっすら見える蜘蛛の巣。それを手でなぎはらいながら進む。我ながら強くなったものだ。

謎の鐘と謎の像。もはやRPGかアクションゲームの謎解きに見える。鐘を鳴らすと像が動いて地下へと続く階段が現れるか……なんて妄想しながら鳴らしてみるが、何も起こらず。少しがっかり。

とりあえず像もよく観察しておこう。よく見ると像の体中には、いろんなものが巻き付けられている。数珠みたいなのやネックレス、それから……。

大阪万博のソビエトパビリオンのヤツだな。俺が生まれるはるか昔の年代ものだろう。でも、どうしてこの像にこれをかけたんだろう。多分遊びに来た人が記念に置いてったんだろうな。永遠に解けない謎だ。

次のページへ >

-史跡・城跡, 徳島の神社仏閣, 徳島市, 徳島県民による徳島観光, 自然・景色

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.