徳島ラーメン 徳島市 徳島県民による徳島観光 美味しい記事

【徳島市川内町】中華そば かわいで舌鼓で小躍りでゴキゲンになった話【徳島ラーメン】

投稿日:

ミドリタイヤで、愛車「鉄の棺桶2号」のタイヤ交換をしてもらっている間に、そこから歩いて1分ほどのところにあるラーメン屋さんで昼ごはんを食べることにした。

テクテクテクテク。道路挟んで反対側だから、車が来てないか右左右。上上下下左右左右BAして、素早く忍者走りで道路を横断。すると、すぐにお店に到着。

中華そば かわい

ガラガラガラッとガラス戸を開けると、「いらっしゃいませ」。明るい声に出迎えられ、吸い込まれるように店内へと入っていく。

まだ開店から10分ほどしか経過していないというのに、もうすでに先客が2人いて、そのうち1人はもうラーメンを食っているではないか。

メニューを見上げながら、少し迷って「肉玉子入り(小)」を注文。それから席について、じっくり店内を見渡してみる。

車やバイクを愛好する人たちが貼ってそうなシールがいっぱい貼ってあったり、バイクのイベントのポスターなどをたくさん貼ってあることから、どうやら大将か誰かがそういうのが好きな方なんだろうね。(よく考えてみりゃ、出入り口にバイク止まってたよな)

そういえば、猪虎の大将も格好いいバイクに乗ってたような……。

ラーメン屋さんとバイクっていうのはよくある組み合わせなのかな。

入れてくれたお水をひと口。うん、旨いお水だ。安心安心。(俺は、「最初に出てくる水が美味しいところはラーメンも美味しい」説を信じているタイプなのである)

非常に興味深かったのは、可愛いぬいぐるみが入った水槽ね。こんな可愛い子たちが泳いでる水槽は初めてかもしれないな(*´∀`*)

「ラーメン来るまでにトイレでもいっとくか」とトイレに行って、帰ってくると、すでにラーメンがやってきていた。

肉玉子入り(小)

ゴツいチャーシューが大盤振る舞い7,8枚少し厚めのメンマ刻みネギモヤシ。そして、生玉子が真ん中に鎮座している。

スープもたっぷり。器になみなみ注がれており、こぼれんばかりの出血大サービスだ。

とりあえずスープをすすってみる。

ふむ、見た目に反して意外とあっさりしている気がする。いわゆる昔ながらの中華そば的な、何となく懐かしい美味しさだ。「Vシネでお馴染みの小沢仁志さんが実はディズニー大好き」みたいなギャップがあるね。

「そうそうそうそう。ラーメンっていうより、中華そばって感じ」なクドくない美味しいラーメン(便宜上ラーメンって表現します笑)

麺は細く感じたかな。どちらかというと細麺が好きな俺としては嬉しい。

途中で玉子溶いて、マイルドさを足してみた。

良いね。ただ一般的な濃いめの徳島ラーメンと違って、もともとのスープがあっさりしているので「マイルドさ」を求める必要はなかったかもしれない。。。ちょっと反省した笑(ただ、玉子自体はラーメンに合ってて美味しい(*´∀`*))

チャーシューもしっとり、ホロホロ、脂の甘みがあって、「おいおい、これだけで白飯いけちゃうじゃねえか」と泣きそうになった。(ダイエット中のため、今回はラーメンのみ)

食べ終わる頃には、店内はお客さんでいっぱいになっていた。そして、新たに家族連れも来ていて待っているではないか。俺はその家族連れに一刻も早く席についてもらうため、伝票を手にレジへと向かう。

850円を支払い、「ごちそうさまでした」と言って店を後にした。

帰宅後、調べてみたら、俺が知らなかっただけで結構な人気店だったみたい。ただ「ミドリタイヤの近くにラーメン屋さんがあるど。行ってみるど」くらいの感じだったけど、行けて良かった良かった。

大変美味しゅうございました(*´∀`*)

-徳島ラーメン, 徳島市, 徳島県民による徳島観光, 美味しい記事

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.