徳島企画 徳島県民による徳島観光 文化 美味しい記事 鳴門

【鳴門市】ナルトタイOnto the table 飲み比べセットで飲み比べ晩酌【松浦酒造】

投稿日:

地元でよく行くスーパーでは、お酒コーナーが大変に充実している。というわけで徳島県の地酒をいくつか買い込み、33歳になるのに年齢確認をされながらも無事に自宅へ戻ってきた俺は、早速飲み比べ晩酌を楽しむことにした。

ナルトタイOnto the table 飲み比べセット

ポップな箱に入った飲み比べセット。でも、あなどるなかれ。可愛らしいパッケージではあるが、それぞれの個性を細かく紹介していたり、お酒に合う徳島グルメを紹介していたりする。なので、「徳島にはこんなんがありまんねん」と名刺代わりに贈るのにもピッタリである。

純米

ほどよいフルーツ香があり引きの良い食中にぴったりの酒質

パッケージより丸写し

精米歩合65%だそうだ。

ちなみに精米歩合〇%とは、

精米歩合(せいまいぶあい)とは、米の精白(精米)の程度を示す比率(割合)。(略)白米(玄米からぬか、胚芽等の表層部を取り去った状態の米をいい、米こうじの製造に使用する白米を含む。以下同じ。)のその玄米に対する重量の割合をいうものとする。

Wikipedia精米歩合より抜粋

つまり、精米歩合(%)の値が小さくなればなるほど、より高い技術によって高い精度で米を削っていて手間暇がかかっているというわけだ。ほぼWikipedia情報であるけど、おわかりいただけただろうか。

徳嶋ダイスケ評

説明書きにあるように、たしかにフルーツ香が感じられてフルーティな日本酒だと感じた。呑んでみた印象としてはフルーティではあるけども、ほんのわずか、微かにツンと鼻孔を刺激するところがあるように感じた。旨いが、やや刺激があるように思ったのが正直なところ。旨いけどね。

次のページへ >

-徳島企画, 徳島県民による徳島観光, 文化, 美味しい記事, 鳴門

Copyright© 週刊トクシマ , 2022 All Rights Reserved.