徳島動物 徳島県民による徳島観光 自然・景色 鳴門

【漂流物で遊ぼう】竜宮の磯 周辺探検隊 前編 【海岸を4時間歩く】

投稿日:

意味深な漂流物

砂浜を歩いていると、「意味深だなあ」というような漂流物に出くわした。

洋酒っぽい空瓶何か豆っぽいのが入った角瓶錠剤が入った小瓶。そして、

小型船舶用 信号紅炎 TYPE SF-2なるもの。

これらは俺が来る前から、こうして並べておいてあったんだけど、完全に意図して並べてるよね笑 「遭難したっぽい人が流したっぽいシリーズ」みたいな感じで。

実際は全然違うんだろうけどさ、こういう想像力をかきたてられるようなガラクタ集めのセンス、俺の大好物。しばらく眺めていた。

ちなみに 信号紅炎 TYPE SF-2 は、海で何かあったときに使う発煙筒的なやつみたい。(どうやら小型船舶は、こいつを常に2本置いてなくちゃいけない法律があるようで、どこの販売サイトでも同様の注意書きがなされていた。)

面白いのが、こういう見慣れないガラクタやゴミを注視することで、「こういうものがあるんだな」と知れることと、「これはどういうものなんだろう」と興味を持って、調べてみることで「へえ、こういうことだったんだ」と新たな情報、知識を得られることだね。

次のページへ >

-徳島動物, 徳島県民による徳島観光, 自然・景色, 鳴門

Translate »

Copyright© 週刊トクシマ , 2021 All Rights Reserved.