他都道府県

【兵庫冒険録】徳嶋ダイスケ一行神隠しに遭う【大中小トリオ】

投稿日:

いきなりだが、兵庫で神隠しに遭った笑
今回はそんな恐怖体験を書き記しておこう。

前回までのお話は過去記事をご覧あれ。

さて、相変わらず何の写真も撮らなかったため、フリー素材をフル活用して書いてくぜ。

12/29 PM10:15

何故だ。何故こんなことに……?

12/29 PM8:45

友次郎(仮)一家との、それはそれは楽しい一時を過ごした我々、徳嶋ダイスケ一向。友彦の子どもたちも俺たちに懐き始めた頃、宴もたけなわとなり、お開きとなった。

駐車場まで見送りに来てくれた友次郎一家。彼らとの別れを存分に惜しみ、「バイバイ! またな」と我が愛車・鉄の棺桶3号に乗り込む徳嶋ダイスケ一向。

辺りは真っ暗闇。街灯ひとつない。

ドライバーである俺は、多少の不安もありながら発車した。まあ、来た道を戻りゃいいだけだ。それにカーナビもあるし、友達もいるから大丈夫だろ。

そんな風に思いながら、来た道を戻りつつ、高速道路に乗った。

「いやあ楽しかったなあ」
「うん。肉もヤバかったよな」
「旨かった、旨かった」
「そういや目的地は明石駅?」
「うん。とりあえず明石駅で友彦くん降ろしたらええやろ」
「そうやな。ほな明石駅で」
「で、こっからどれくらいなん?」
「だいたい70キロくらい。1時間半くらいはかかるかな」
「そっか」

車中、呑気にバカ話をしながら帰路を進む我々。

「大阪まで100キロなんやな」
「ホンマや。徳島帰るより近いわ」

ある程度高速道路を突き進んだところで、ナビが高速を降りるように指示を出した。一瞬「ん?」とは思ったものの、なに分完全に見知らぬ地である。だから、素直に言うことを聞き、カーナビの示すままにハンドルを切った。

あとになって思えば、これが悲劇と恐怖の始まりだった。

次のページへ >

-他都道府県

Copyright© 週刊トクシマ , 2022 All Rights Reserved.