徳島県民による徳島観光 美味しい記事 道の駅

【阿波市】道の駅どなりで山菜うどんを食べてきた話【山の恵み】

投稿日:

ふたたび山菜うどんをすすり、合間に黒煮豆の甘さで笑ってから、みたび山菜うどんをすする。

ふわっとしたおにぎりを食べつつ、出汁巻き玉子をかじった。これまた優しい甘じょっぱさ。うむ、コンセプトがわかった。「さりげない優しさ」だ。

そばにいると安心するタイプの子だ。この山菜うどん一味は。

ほっとする。

半分ほど山菜うどんを平らげたあたりで、薬味の登場だ。

刻みネギとショウガを投入。途端に雰囲気が変わったんだけど、それでもやっぱり「さりげない優しさ」を感じるまま。根本は変わらない。むしろ、さりげなく優しい出演者が増えて、より良い感じになった。

おいおい、どうなっているのだ。どう食べ進めても旨いじゃないか。

まったく、道の駅どなりさんはどこまで俺の胃袋を掴むのか。

そんなこんなであっという間にごちそうさま。

食べ終わって思ったことは2つ。

1つは、「旨かったな!」。

そして、もう1つは、「お腹すいたー」だった。

こんなことなら、大盛にするんだったな。通常650円に+150円で大盛に出来るのだ。会計時に、ちーかまさんが聞いてくれて、一瞬迷ったんだけど、結局並盛にしたのである。

その結果、「お腹すいたー」。

このままでは腹が減りすぎて、自宅に辿り着かないかもしれない。。。そこで俺は、もう1品注文することに決めた。

さて、何にしようか?

でも、それはまた次回のお話。それではまた。したらなー。

-徳島県民による徳島観光, 美味しい記事, 道の駅

Copyright© 週刊トクシマ , 2022 All Rights Reserved.