徳島企画 徳島県民による徳島観光 文化 板野郡 道の駅

【道の駅いたの】第41回徳島矯正展IN道の駅いたのに行ってきたの巻【全国刑務所コラボ】

投稿日:

11月4日の折り込み広告に、大変興味深いチラシがあるのを見つけた。

それは翌5日に「第41回徳島矯正展IN道の駅いたの」というイベントがあるよというのをお知らせするチラシだった。これまで40回も行われてきた同イベントがどのような趣旨なのかを、そのチラシから得られる限りの情報を頼りにまとめてみると、次のような感じである。

徳島矯正展というのは、徳島刑務所企画部門が企画したイベントである。そこでは、北は北海道、南は九州までの全国各地の刑務所にいる受刑者たちが製作した刑務所作業製品を多数展示、販売するらしい。また、徳島少年鑑別所による性格検査コーナーや文芸作品他パネル展示コーナー、ちびっこ刑務官記念撮影などの枝葉的企画も実施されると書かれていた。

さらに読み込んでみると、どうやら刑務所作業製品の売り上げの一部を犯罪被害者支援団体の活動に助成したり、次の製品を製作するための材料費にあてたりするのが主な目的のようである。

過去に徳島刑務所前の「さしいれ屋」に行ったときの記事は書いたことがあったが、こういうイベントがあるのは全く知らなかった。

「これは面白そうな企画だな」と興味を持った俺は、休みを利用していってみることにした。

もしよさげな商品があるようなら買って刑務所作業製品コーデを完成させてみるのもいいかもしれないと考えながら……。実際、いくつか展示分なのか、販売用のものなのかはわからないが、製品の写真が載っていて、それがなかなか良さそうな出来のものが散見されていたのである。

開催時間を確認すると、11月5日(土)の午前8時30分~午後5時までということがわかった。

そうなると8時20分前後には現場に入っておきたいと考えるのが、俺。学校だろうと社会に出ようと遊びだろうと、早め早めの行動がモットーなのだ。

そして……。

11月5日(土)午前8時20分 到着

まだイベント開始前だというのに、駐車場には多くの車がすでに停まっていた。

そして、すでに刑務所作業製品販売ブースと思わしき、紅白のテントがいくつか道の駅いたのの入口付近スペースに並んでいるのが見えた。さらに「刑務所作業製品」と書かれたノボリがはためいているのも確認できたので、少し早いけど行ってみることにした。

すると、まだレジこそ解禁されてないものの、すでに商品を手に取って眺めているお客さんたちでいっぱいだった。

「じゃあ俺もいろいろ物色しつつ、取材もしてみよ」と思い、比較的お客さんの少なそうなテントに向かった。そこは徳島刑務所のブースだった。

実は、このイベントでは他にも高松刑務所や高知刑務所なども参加しており、それぞれが全国各地の刑務所作業品を販売するようになっているのだ。

今回の個人的な目的としてはやはり徳島刑務所をメインと考えたいため、俺的にはちょうどよかった。

そのブースでは革靴がたくさん並べてあり、サイズも多種多様、ご婦人用のものまで取り揃えてあった。話を聞いてみると、徳島刑務所で作られる革靴などは評判が良く、全国から買い求める人がいるほど人気があるのだそうだ。

「へえ、すげぇっすね。でも、たしかに綺麗に作ってあるし、格好いいんでわからんでもないっす」なんて言いながら、積み上げられた靴の箱を眺める俺。すると、ひと箱だけ半額以下に値下げされ、1300円とイベント開始直前から思い切った値下げ金額の書かれたものを発見した。

「これ、なんでこんな安いんですか?」

何となく聞いてみると、なんでも他の商品と比べて古いものらしく、なぜか売れずに棚にあったものだから、べらぼうに安くなっているのだと教えてくれた。「よかったら履いてみます?」と聞いてくれたので、試しに履いてみることに。

ピッタリだった。

「これ、買います」というと、その場で購入が確定した。いろいろ話を聞いたり、写真撮らせてもらっているうちにイベントスタートの午前8時30分になっていたので、そのままお会計。

ちなみにせっかくなんでもう1足、カジュアルな明るい茶色のスニーカーも買ってみた。こんなにステキな靴たちが2足で6800円とはよき買い物になった笑

いつもニコニコ現金会計を済ませた俺は、店の人(たぶん刑務官の方)から「1000円以上お買い上げの人は、レシート持ってブースの端っこへいくとブルースティックっていう石鹸がもらえる」ことを教えてもらった。先着100名様らしいけど、多分2,3番目くらいに受け取ったように思う笑

それから一旦荷物を駐車場まで運び、愛車・鉄の棺桶3号に積み込むと、ふたたび現場に戻る俺。まだ他にも小物などをみたり買ったりしたかったのだ。

結局、徳島刑務所ブースで「〇」に「獄」と書かれた攻めた小物入れと、なぜか一緒に売られていた「すだちくんとトクシィちゃんの便せん」(30円)を買い、次に高松刑務所ブースへ移動。

そこでは「実はひとつ前のデザインなのだ」という布製のスマホ入れと、お店の人(たぶん刑務官の方)も「格好良くて気に入っている」と太鼓判を押す「獄」と書かれた文庫本サイズのブックカバーを購入した。

他にもいろいろとステキな商品があった。家具なんかもあったんだけど、どう考えても予算オーバーしちゃうのでチラチラ眺めるだけで終わった笑

次に向かったのは、「徳島少年鑑別所による性格検査コーナー」というブースである。

次のページへ >

-徳島企画, 徳島県民による徳島観光, 文化, 板野郡, 道の駅

Copyright© 週刊トクシマ , 2022 All Rights Reserved.