三好 史跡・城跡 徳島県民による徳島観光 文化 県西部 自然・景色

【三好市】徳嶋家の紅葉狩り 鳶の巣谷~龍宮崖~かかしの里【祖谷・大歩危小歩危】

投稿日:

龍宮崖の吊り橋

まだ赤みが足りないと思わないでもなかったけど、綺麗に色づいていて紅葉紅葉している景色が眺められた。右奥の黄色い橋が赤黄色に染まった周囲の木々と、良いコラボレーションぶりを発揮している。

落合集落展望所

買ってきたお昼ご飯でも食べようと、俺の提案で落合集落展望所にやってきた徳嶋家。

ちょうどベンチスペースが空いていたので、三人で並んでランチタイム。一応落合集落で働いていたので、「あの建物がアレで……」「あれが〇〇さんって世話になったおばさんちで」みたいな案内をしながら腹を満たした。

その後は、そのまま奥祖谷の方を抜けて、穴吹方面に出て帰るルートを通っていこうということになり、相変わらず親父の運転で突き進んでいくことにした。

かかしの里

一時、その独特な雰囲気から「マジでなんの謂れもないのに心霊スポット」的な扱いをされていた、かかしの里に到着。そこでは特に車を降りることもなく、ただ単純に車中から外を眺めるサファリパークスタイルでたくさんのかかしたちを眺めながらスルー。

でも、前回来た時には気づかなかった(もしくはその時はまだなかった)、非常に芸術的なかかしがあって、鹿除けの網ごしではあるけどもパシャリ。

ほら、ミレーの落穂拾いだよね? これ。違う?

落穂拾いを彷彿とさせる構図にちょっとテンション上がった。「なんか前に来た時よりクオリティ上がってるじゃん」みたいな笑

で、さらに進む徳嶋家……。

奥祖谷のかずら橋前の駐車場に到着した時、「どうする? 行く?」というミニミニ家族会議が行われたが、母の「渡りたくない」という鶴の一声でそのまま通過することが決まった。

もはや「紅葉狩りはどうなったんだ?」的な状態ではあるが、久しぶりの家族ドライブはなかなか楽しい時間だった。

結局、要所要所で紅葉が綺麗なポイントを見つけるたびに車を停めて、降りて眺めて、撮影して、移動するの繰り返しが主になったな。でも、良いドライブだった。

で、さらに1週間後、仕事の件で祖谷方面に用事があったので、今度は1人で少し進んだ紅葉を楽しんでみることにした。

次のページへ >

-三好, 史跡・城跡, 徳島県民による徳島観光, 文化, 県西部, 自然・景色

Copyright© 週刊トクシマ , 2022 All Rights Reserved.