三好 史跡・城跡 徳島県民による徳島観光 文化 県西部 自然・景色

【三好市】徳嶋家の紅葉狩り 鳶の巣谷~龍宮崖~かかしの里【祖谷・大歩危小歩危】

投稿日:

紅葉狩り。当ブログ「週刊トクシマ」でも毎年秋になると、出来るだけ紅葉の景色を撮って、風情ある記事を書こうと必死になる。

でも、ここ数年、とくに週刊トクシマを開始してからというもの「雨不足」とか「気温差の問題」とかで、「これぞ紅葉狩りや!」という写真を撮ることが出来ないでいた。

ところがどっこい。今年は比較的雨が降り、気温差の問題みたいな影響が少なかったのか、これまでの数年間と比べれば非常に美しい紅葉具合を楽しむことが出来たような気がする。

今年は2度紅葉狩りのチャンスがあったので、その記録をばアーカイブっておこうと思う。

2022年11月8日 鳶の巣谷ほか

20年ぶりくらいに徳嶋の父と徳嶋の母と3人で紅葉狩りを目的とするドライブに出掛けた。(弟・マーは平日で仕事ということもあり不参加)

我々が向かったのは徳島県西部・祖谷渓谷近辺。祖谷のかずら橋や大歩危小歩危などで知られる、徳島県屈指の観光名所であり、同時に紅葉の見所スポットでもある地域だ。

とりあえず「とびの巣峡」なるところを目指し、車を走らせた。(ドライバーは運転好きの父である)

鳶の巣谷

考えてみれば、一度も訪れたことのないスポットだった。

ここからは美しい渓谷の景色を見下ろしながら堪能できる。

紅葉感はまるで感じられないかもしれないけど、なかなか神秘的というか、生命の息吹を感じられる雰囲気の写真をおさめることが出来た。

本当なら降りてって、水汲んで、テイスティングのひとつでもやってみるところなんだけど、両親もいたのでやめといた笑

透明度の高い美しい水が流れるさまは、神々しささえ感じられる生き物を目の当たりにしているようだ。

ゴツゴツとした岩肌を削るようにして流れ落ちていく水。しばらくみとれてしまった。

太陽の光が差し込み、ほんのり紅葉しはじめたばかりの木々を照らし出していた。それはもう黄金のようにも見え、息をのむほどに美しく思えた。

ちょっと不気味だったのは、何か祠のようなものの屋根が落ちていて、まるで埋まっているようになっていたことだ笑 山を探索していると、たまにこういうの(限りなく全壊している祠や倒壊している鳥居など)を見かけるが、放置しておくものなのかな? しかるべき処置みたいなのしないものなの?

別にいいんだけど、ちょっと気になった。

次のページへ >

-三好, 史跡・城跡, 徳島県民による徳島観光, 文化, 県西部, 自然・景色

Copyright© 週刊トクシマ , 2022 All Rights Reserved.