思ひ出懐古録 雑記

ファイナルファンタジー6狂気の牛歩レベル上げ日記(3)

投稿日:

前回入った洞窟。そこには回復させる泉があったから、そこでレベルを上げていくって話だったよね。

ファイナルファンタジー6狂気の牛歩レベル上げ日記(1)はこちらから

ファイナルファンタジー6狂気の牛歩レベル上げ日記(2)はこちらから

 

8日目

 

で、言ってたように洞窟内でレベル上げしながら、攻略も見据えて探索してたの。そしたら、すぐに洞窟を出ちゃった。

引き返すのも面倒だったので、ちょっと洞窟抜けてすぐのフィールドでうろついてみた。

 

すると、いい感じの経験値くれる雑魚たちが頻繁に出てくるのがわかった。

 

しかも、町もすぐそば。ノーリスク回復ポイントがあるかはわからないけど、レベル上げ中に副産物的に得られたギル(お金)もたんまりある。

これは一気にレベル上げ出来るチャンスだってんで、フィールドでレベル上げ。

1時間くらいやったところでストップ。
 
エドガーがレベル22。ロックがレベル21。ティナがレベル20と、一気にパーティ平均レベルが20オーバーまでこぎつけた。いいね~(* ̄ー ̄)

次は、またここから始めて、様子見てから一度町を覗いてみることにしよう。何かアイテム買えたり、イベントが進むかもしれないし。
 

9日目

 

ちょっとのつもりでストーリーを進めてみたら、進む進む。まさかの進み具合に驚きながらも楽しんでるところだ。

町に入って装備を整えた俺は、町のなかを探索。

 

そこで、そこはかとなく「やばい」オーラをまとうシャドウってのと出会った。が、特に何もなし。後々関わってくるんだろうと思いながら、今はスルー。

ちょっとだけお買い物。

しばらくうろついてると、ダンカンという武道の達人の噂や、町の東になんとか山ってのがあるのを聞いたので、興味本意で行ってみることにした。

結果として、それがガンガンストーリーが進む一番の理由となった。

ネタバレはこの企画の本質に沿うものじゃないから、あまり書きたくないが、何だかんだとダンカンの弟子であり、エドガーの双子の弟・マッシュが仲間になった。そして、何だかんだあって反帝国軍組織の長といっしょにどこかへ行くことになる。その際にロックが離脱。また、道中、間になったばかりのマッシュも川に流され離脱。

 

とまあ、こんな具合でプリンプリン物語ばりのドタバタ劇に振り回されてるうちに約束の1時間を迎えた。

 

10日目

 

今回はバラバラになったメンバーそれぞれのシナリオをクリアするのに力を入れることにした。ちょっとは進めていかないとね。

 

で、1時間しっかりプレイ。

シナリオが3パターンに分かれているので、パーティが目まぐるしく変わってくぜ。

3パターンのシナリオのうち2つをクリアした。

かなり駆け足ぎみにクリアしてったので、ほとんど内容の記憶がないが問題ない。なぜなら、俺の一番の目的はレベル上げをすることだからだ。
 

とりあえず、ティナシナリオから始めて、ロックをクリアし、マッシュシナリオに入ってシャドウとカイエン(新キャラ)と共に迷いの森に入るところまで進めた。

 

そして、見つけた。

(* ̄ー ̄)

 

ちょっとレベル上げを我慢してきたからな。そろそろレベル上げやっか!
 
次回は少し滞在して経験値ためるぜ!

 

-思ひ出懐古録, 雑記

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved.