吉野川 徳島の神社仏閣 徳島県民による徳島観光 自然・景色

徳島の名水「天狗の湧き水」を触りにガタガタ道通って大冒険

更新日:

ちょいと風邪ひいた感じだが、更新だけしておこう。

自宅の周辺で秋祭りが行われていた時の話。

が、微妙に近く微妙に遠かったのと、駐車場どこにすればいいの問題が煩わしかったので、徳島県の名水「天狗の湧き水」を触りに行くことにした。

天狗の湧き水

俺の記憶が確かなら、大きめの板にカラフルでポップな書体で「天狗の湧き水」と書かれた看板があったはずだ。だが、それはまだ俺が1819歳の頃の話。もう10年以上前のあやふやな記憶だ。(もしかしたら夢かもしれない)

とりあえず自宅北側の山道を奥()へと車を走らせた。

すると、三好市の「かかしの里」を思わせるような人形が出迎えてくれる休憩所?があったので休憩。

これ、明るい時間だから良いけど、日が暮れてから自販機の灯りにぼんやりと浮かび上がる「店主」みたら怖いよね。

「らっしゃせー」

座ってみようかと思い、近づくも蜘蛛の巣だらけだったので、くるりと踵を返した。

さらに山を進むと、

でかい石(石碑?)があった。

見えづらいけど、桜美峠(おうびとうげ)と刻まれている。この辺りの呼称かな。カーナビには掘割峠(ほりわりとうげ)と書いてあるけども。
(気になって調べてみたら、美郷の村田さんという方が「桜が美しい峠ですね」と誰かに言われたことに感激して去年くらいに命名したらしい)

この段階で「標高298mか。まだまだ低いね。通りで歩いて来たことがあるはずだ。

さらにさらに進む。

次のページへ >

-吉野川, 徳島の神社仏閣, 徳島県民による徳島観光, 自然・景色

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.