徳島市 徳島県民による徳島観光 文化 美味しい記事

【お盆休みSP】令和最初の阿波踊り 怒涛の弐時間編【南内町演舞場】

投稿日:

ちょっと思うところあって、お盆休みSPは順番を変えて「阿波おどり」記事からスタートです(*`・ω・)ゞ

8月13日午後4時40分ごろ、俺は徳島駅を飛び出して歩きだしていた。目的地は「南内町演舞場」。

そう、昨年同様に阿波おどりを観に来たのだ。

昨年の記事も一応どうぞ♪

本番開始の前に腹ごしらえと軽く燃料を入れときたいと思い、屋台が並ぶゾーンを眺めながら演舞場に近づいていく。

去年は焼きそばとビールだったが、今回はどうしよう。いか焼きたこ焼きも良いな。フランクフルトも捨てがたいが……。

そうこうしているうちに、気になる屋台を発見した。「神戸牛串」の屋台だ。なるほど。ダントツで名前と見た目に破壊力があるな。よし、いっちょ景気づけだ!

ってことで「カルビ」「ロース」をひと串ずつ買い、別の店で割高の缶ビールを買った。

そして、その足で向かったのは昨年同様、南内町演舞場を越えたとこにある公園だ。そこには川を見渡せる屋根とテーブル付きのベンチがあり、去年からのお気に入りの場所なのだ。

そこでひと足先に野外晩酌を楽しみつつ、背後に集った男子高校生たちの愉快な会話をBGMにして過ごした。

半時間くらいゆったり過ごしただろうか。気づけば午後5時半。そろそろ開場の時間だ。ゴミを処理しつつ、演舞場に向かった。

係員にチケットを見せて入場。今年は何と1列目がとれたので、何も遮るものもなく阿波おどりが楽しめる。

あとは天気だけだな、と空を見上げた。

天気予報では雨の予報だったが、どうやら俺のてるてる坊主が勝利したようだ。雨は降りそうもない天気だった。

阿波おどり開始まで、カメラを用意したり貰ったうちわで涼んでみたりしていると、左隣におじさんがやってきた。

そのおじさんに話しかけてみると、滋賀県からやってきたという。前日は高知のよさこい祭りにも行ってきたらしい。カメラが趣味で、いろんなところでシャッターを切っているとのこと。

おじさんと話しているうちに、午後6時。阿波おどり開始の時間となった。

ここからは写真と動画をフル活用しながら、振り返ってみることにしよう。

音量注意

次のページへ >

-徳島市, 徳島県民による徳島観光, 文化, 美味しい記事

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.