徳島県民による徳島観光 美味しい記事 自然・景色 釣り 鳴門

【お盆休みSP】第2回 釣りキチ一四五三平 リベンジ海釣り 師匠登場編【海釣りだぜ】

投稿日:

剣山を楽しんだ翌日、お盆休み2日目は午前2時起床。何故そんな早起きさんなのか……。それは海へ釣りに行くからだ!

2日目も弟・マーと共に冒険。前日が山なら次は海だ。眠さを堪えながら鳴門は亀浦港に向かった。

しかし、何やかんやあり港に到着したのは午前5時。。。釣りには少し、いやかなり遅かったようで、すでに良いスポットには釣り人たちが集まっていた。

仕方ないので、堤防のはじっこで釣りを開始。だが、釣り歴3、4回目な俺。仕掛けをつけるのに手間取り30分かかる。。。

得意のチチワ結びを駆使して、愛用の延べ竿を振るった。仕掛けはラークカゴ100均のサビキの針いっぱいのやつ。

海を覗くと魚がたくさん泳ぐのが見える。これはワクワクするね。

しかし、待てど暮らせどアタリなし。1時間くらい経ったあたりで秘密兵器を投入することに。

秘密兵器……それは「100均の釣竿」

二本の竹を組み合わせただけのソレ。ソレに弟に借りた「100均のカゴ」「100均のサビキ針」「100均のハリス」「100均道糸」合計ワンコインコンボである。

周りの釣り人たちは格好いいロッドをぶん回しているが、俺は赤く塗られた竹竿を優しく振る。うむ、俺の小さい手によく馴染むぜ

100均の竿を振るう俺

オモチャのような、単なる赤い棒のような竿を振るう。チューブのオキアミ(餌となるちいちゃいエビ)をカゴにニューッといれて、ポチャンと放り込む。

沈んでくカゴを揺すって、オキアミを散らすと魚たちが集まってくる。……が、それだけ。ただ餌をあげてるだけの時間が続いた。(弟はすでに1、2匹釣り上げていた)

その時、まさかの助っ人が現れた。

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 美味しい記事, 自然・景色, 釣り, 鳴門

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.