徳島の神社仏閣 徳島県民による徳島観光 海部 自然・景色

【お盆休みSP】徳島県最強の滝・轟九十九の滝へ挑戦【水も滴る良いおじさん】

投稿日:

登山して、海釣りして、2日連続で2時起きで1日中遊んでヘトヘトになっていたが、お盆休み3日目も冒険に出掛けた。(この日は弟マーはおらず単独行動だ)

朝5時半、出発。

目的地は徳島県一の高度を誇る「轟の滝」だ。距離にして片道130キロ時間にして3時間ちょいという、これまでで最高クラスの難易度のスポットだろう。

だが、前日に午後9時前に眠ったから睡眠ばっちり。体調も万全だったため、3時間ぶっ通しで歌いながら運転した。

そして、到着(かなり狭い道もあったが、概ね走りやすい広い道だった)

草っ原みたいな駐車場に車を停め、赤い橋を渡り、神社を横切り、滝へ向かう。気になるとこはあるけど、メインは滝だ。

本滝に向かう。

驚くほど、すんなりあっさり到着した。

地上58メートルから流れ落ち続けることで、凄まじい勢いで叩きつけられる大量の水。滝底を跳ねて発生した水飛沫によって、辺り一面強烈な天然ミスト状態で視界がぼやけるくらいだ。

かなり濡れそうだが、真正面まで近づいてみる。足場にも大量の水が流れており、滝に近付くにつれて、半分以上水に使った石の上をあるかねばならない。

滝に近づくルート

中には苔の生えた石も混じっている。力強く体重を乗せすぎると滑って転ぶ危険性があるから慎重に。

距離にすれば、ほんの数メートル程度。ゆっくり落ち着いて進んでも、すぐに滝の真面目に立てる。だが、強烈な天然ミストが一身に襲いかかってくるから、瞬く間にずぶ濡れだ。

俺はこんなこともあろうかと、濡れても大丈夫な格好(非防水だけど)で来ていたため、余裕綽々で滝を眺めまくった。

轟本滝

写真を撮り、動画もしっかり撮った。「これでもか!」ってくらいずぶ濡れになって、来た道を戻ると、熟年夫婦らしき方々と遭遇。

俺の姿を見るなり、「ダメだな、こりゃ」と苦笑いして引き返していった。

気にせず、「歩いてりゃ乾くさ」と次の目的地に歩みを進める。次の目的地とは、同じ山中にある、九十九滝(複数の滝を歩いて見に行くコース)である。

次のページへ >

-徳島の神社仏閣, 徳島県民による徳島観光, 海部, 自然・景色

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.