徳島県民による徳島観光 文化 鳴門

大塚国際美術館に行ってきた話①  地下3階(古代~中世)編

更新日:

どうやらここが米津玄師さんが紅白歌合戦で使用した場所らしいとわかったのは、ここの片隅にこういうものが置いてあったから。

Lemonだね。流行に疎い俺でも知ってる有名なやつだ。どうやら米津さんご自身が描いたものらしい。

本当はもっと鮮明で大きな写真も撮ってあるんだけど、それは生で観て欲しいので省略しておく。とても綺麗な画なのでぜひ。

まるで俺のように動物に噛まれている画

何気に凄いと思ったのは、このように床の上にも陶板による作品が展示されていて、「作品の上を歩ける」という信じられないことだった。撮影している最中にちょうど人が歩いてくれたので、こういう写真を取ることが出来た。

この火焔土器の複製も触ってもいいし、むしろ「持ち上げてください 重さも再現しています」と書かれているので実際触って持ち上げることが可能だ。

しかし、この写真の角度からだと左手しか突っ込めないために持ちづらく持ち上げるのはしんどい。なので穴のある左側を正面にし両手を突っ込んでしっかり持ち上げてみよう。

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 文化, 鳴門

Copyright© 週刊トクシマ , 2020 All Rights Reserved.