徳島県民による徳島観光 雑記

【雑記】徳嶋ダイスケ今後の展望【四国進出】

更新日:

ここ最近は転職して、引っ越したこともありバタバタしていた。

だが、少し落ち着いたので今後の「週刊トクシマ」での主な活動目標を決めていこうと思う。

前にも書いたが、俺は「にし阿波の民」となった。ちなみに、にし阿波とは、徳島県西部、美馬市、三好市、つるぎ町、東みよし町を指す。

そして、俺はそのにし阿波でも相当山奥に位置する地域に移住した。(最寄りのコンビニまで車で片道50分くらいかかる)

というわけでこれまでのように、「今日は海陽だ」「明日は上勝だ」などと言った具合に自由気ままな冒険は出来そうもない。でも、視点を変えれば、違ったスタイルの冒険が出来ることがわかった。

たとえば……。

にし阿波お勧めビューポイント100選完全制覇

コレなんかは、まさに今の環境を考えれば俺にうってつけの企画だ。

「にし阿波お勧めビューポイント100選」というのは、

2011年(平成23年)に、徳島県西部総合県民局が徳島県西部の自然や町並みなどを対象に104箇所を選定した「にし阿波お勧めビューポイント100選」を設立した。選定地域は美馬市・三好市・つるぎ町・東みよし町の4つの市町からなる。

Wikipedia

100選なのに、104か所あるというのはご愛敬。100に絞るのさえ難しい魅力があるという証拠ってことで許したまえ。

その104か所のうち、現時点で俺がどれだけ「にし阿波お勧め~ビューポイント」に訪れているのか調べてみたわけ。すると、30か所踏破していることがわかった。もちろん全てを記事にしているわけではないが、訪れた記憶があるのが30か所。

つまり、今の時点で約3分の1は訪れているということ。なので、上手くいけば今年中に達成できる企画なのではないかと考えている。

ちなみに過去記事における、「にし阿波お勧めビューポイント100選」は、https://kuidaore1453.com/2020/08/07/udatsu-machinami-night1/

などなど。もっとも訪れた段階では、「にし阿波お勧め~」というものの存在も知らなかったわけだが、知っていようがいまいが、そこはさほど重要ではない。

これはまあ出来れば今年中、遅くても来年中には達成できればいいなと結構気楽に考えている。

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 雑記

Copyright© 週刊トクシマ , 2022 All Rights Reserved.