スポーツ観戦 思ひ出懐古録

PRIDEを200戦以上観戦したのでベストバウト10戦選んでみる

更新日:

4位 PRIDE22 イゴール・ボブチャンチンVSクイントン・ランペイジ・ジャクソン

両者大好きな選手同士の一戦。

 

試合直前、向かい合う両者。すると、ジャクソンがボブチャンチンに何か紙を渡しているのが見えた。その段階ではそれが何かはわからないまま、試合が始まった。

 

ボブチャンチンの左ハイキックがジャクソンに命中。追撃させてなるものかと逆に攻め返してきたジャクソンに対して、ボブチャンチン、冷静にクロスカウンター。さらに飛びついて技を極めようとしたボブチャンチンを、ジャクソンが捕まえ、抱え、持ち上げてリングに叩きつける。

 

そこから勝機を見出したのか、ジャクソン一気に畳み掛ける。強烈なボディスラムをぶちかます。

 

ラストはジャクソンがボディブローを打ち、ボブチャンチンの肋骨を粉砕。ギブアップを奪う。

 

ジャクソンはボブチャンチンを尊敬していたらしい。

ちなみに試合前に渡した紙は、控室に貼ってあった紙を折って、「これは俺のママからの手紙さ」といって渡したみたい。動揺させる作戦だったのか、単なるおふざけだったのか。俺はこういうの大好きなので、さらにジャクソンが好きになった。

 

3位 PRIDE26 クイントン・ランペイジ・ジャクソンVSイリューヒン・ミーシャ

地味に好きなのは、試合直前のジャクソンによる「モノボケ」だ。

 

この試合でもそれが楽しめる。試合開始直前、自分のポケットからイエローカードを取り出してレフリーに見せるという行為。意味はわからないが、思わずクスッとしてしまう。

 

ジャクソンは野性味溢れるイメージが強いが、実際はとてもクレバーな選手だ。ガードも堅いし、常に相手を観察している。ただ、一旦攻め始めると類稀な怪力を発揮する。

組み付いてきたミーシャを持ち上げてリングに叩きつけるほどの怪力。

 

途中、ミーシャがアームロックを極めかけるシーンが2度ほどあるのだが、ジャクソンは構わず空いている右拳をミーシャのボディに打ち続けた。さらに極めにきたミーシャの技を、体を素早く前転させて外すなど、柔軟性もみせるジャクソン。

 

スタンディング。ジャクソンの豪腕をかいくぐり、足を取るミーシャ。しかし、ジャクソン微動だにしない。逆にジャクソンがテイクダウンを奪い、そこから高角度から膝を振り下ろす。何度も執拗に振り下ろしていると、そのうちの一撃がミーシャのボディに入ったところでタップ。試合終了。

 

すぐさまジャクソンがミーシャに手を差し出す。

 

2位 PRIDE26 エメリヤーエンコ・ヒョードルVS藤田和之

 

アントニオ猪木に呼び出されて登場する藤田。(PRIDEにもよく現れて、盛り上げてくれる猪木さん)

 

右拳をぐるぐる回すというフェイントから、一気に鋭く突き刺すヒョードルのパンチ。思わず体勢を崩した藤田。すかさず蹴り込むヒョードル。だが、藤田も負けていない。その蹴りに自ら飛び込み、両腕で抱え込んだ。

 

藤田の左フックがヒョードルの顔面を打ち抜くと、難攻不落のヒョードルが思い切りふらつきはじめた。一気に場内大歓声。だが、ヒョードル粘る、粘る。すぐに藤田に組み付き、クリンチ。その後、藤田がテイクダウンを奪って、ヒョードルの上に乗るなどチャンス到来。

 

出血したヒョードル、再びスタンディングへ。

 

右ストレートを打ち込みざまに飛び込んでいくヒョードル。さらに左のミドルを蹴り込んでから、よろめく藤田の横面に左フックを打ち込んだ。たまらず手をつく藤田に、覆いかぶさるようにヒョードルパンチを打つ。思わず顔をあげた藤田の首元に、ヒョードルの太い右腕がするりと伸びてくる。

 

そこから一秒もしないうちに、藤田が苦悶の表情を浮かべてタップした。

 

結果として藤田は負けてしまったものの、最盛期のヒョードルをぐらつかせ、追い詰めかけたのは事実だ。非常に手に汗握る展開だった。

 

次のページへ >

-スポーツ観戦, 思ひ出懐古録

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.