徳島の神社仏閣 徳島県民による徳島観光 美馬

【美馬市穴吹町】恋人峠に独身三十路おじさんがひとりで行ってロマンチック独占した悲哀の話【ラッキー7の町】

投稿日:

美馬市穴吹町の山道を走ってると、恋人峠っていうロマンチック極まりないスポットがあるんだ。

そこにひとりで行ってきた悲しいレポートを記録しておこう。

恋人峠の前にかかってる橋の名前は「恋人橋」と書いて「こいとばし」って読むらしい。

じゃあ、この恋人峠は何と読むのか。「こいびととうげ」「こいととうげ」どちらで入力しても変換されるが、おそらくこっちは「こいびととうげ」って読むのが一般的なんだろうな。

どういうところかって言うと、かなり前に眉山紹介記事で紹介したみたいな、カップルが1つの南京錠に自分たちの名前を書いて、それを所定の場所にガチャンコして永遠の愛を誓い合うっていうラブラブするスポットなのである。

おわかりいただけただろうか。

そんなカップルがラブラブいちゃいちゃするスポットに、独身おじさんがひとりでやってくる寂しさ虚しさが……。そのゾッとするような現実が背景に隠された記事であることを念頭に置いて、続きを御覧くださいませm(_ _)m

さて、この恋人峠のいわれを現場に建ってる石碑(記念碑?)を丸写しで書いておくね。

ラッキースポット「廉貞星宮殿」について

かつて、ここ恋人峠は、草木が生い茂り、険しく往来に困難な場所でした。
ところが、今では道も開け橋も架かり難なく通行できるようになりました。

◯難所の昔は、悲恋の峠
◯容易に訪れることのできる今は、恋愛成就の峠

「ラッキー7の町、穴吹」は、恋人同志が結ばれることを願い、
ここ恋人峠にラッキースポットとしての「廉貞星宮殿」を建設します。

平成九年七月七日(原文ママ)

石碑より

「そこは平成7年にしといたほうが良かったんちゃうか?」「同志は同士ちゃうか?」みたいな野暮なことを思ってしまった俺。だから、モテないんだろうなと我ながら笑ってしまう。

次のページへ >

-徳島の神社仏閣, 徳島県民による徳島観光, 美馬

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.