三好 徳島の神社仏閣 徳島県民による徳島観光

【犬神】賢見神社の奥社を目指す冒険で死にかけた話【酷暑】

更新日:

でも、まだゴールではない。そこからさらに駐車場に向かわなければならない。何か大事なことを忘れているようだが、頭が熱暴走中の状態では冷静に考えるなんて出来なかった。

だから、ふらふらヨタヨタと駐車場へ続く道のりを急いだ。

さらに歩くこと5分くらい。ようやく愛車の待つ駐車場に辿り着いた。もたつきながら鍵を開け、飛び込んだ。そして、ドリンクホルダーに鎮座するペットボトルを鷲掴みにし、温くなった水を一気に飲んだ。

ガス欠、水欠の俺には温い水がめちゃくちゃ旨く感じられた。

一気に飲み干すと帰り道困るだろうからと、3分の1程度残した状態でキャップをしめ、エンジンをかけた。エアコンが轟音立てて起動する。

生き返った……。

大袈裟でもなんでもなく、本当にそう思った。少しの間、体を冷やして回復させた。しばらくして、落ち着き冷静になった俺は、ふと「あっ、手洗い場の水飲みゃ良かったな」と振り返るのだった。

熱中症は頭を茹だらせて冷静な判断が出来なくなるようだ。

皆さんもお気をつけくださいm(_ _)m

-三好, 徳島の神社仏閣, 徳島県民による徳島観光

Translate »

Copyright© 週刊トクシマ , 2021 All Rights Reserved.