史跡・城跡 徳島県民による徳島観光 自然・景色 鳴門

【鳴門市】黒崎渡船に乗り込みに行ってきたけど、またやらかしてしまった話【無料】

投稿日:

ガラガラガラと引き戸をあけると、中はしっかりと暖房が効いていた。さらにテレビも点いている。

だが、誰もいない。

とりあえず適当なところに腰を掛け、休憩してみる。

いやあ、なかなかどうして居心地がいいではないか。気を抜けば、ぽけーっとなり、眠くなってしまうほど良い空間である。2,3度うとうとしかけたときに、ふと「あれ? そういえば次の船は何時だ?」と思い、立ち上がった。

待合所内には見当たらない。そういえば、ここに入る前に何か看板っぽいものを見たような気がする。
この段階から、ぼんやりとした不穏な流れを感じていた。

待合所の真ん前に時刻表が載った看板があるのを見つけた。

そして、それを見た瞬間、「またやっちまった……」と頭を抱えた。

次のページへ >

-史跡・城跡, 徳島県民による徳島観光, 自然・景色, 鳴門

Translate »

Copyright© 週刊トクシマ , 2021 All Rights Reserved.