徳島県民による徳島観光 海部

離れ小島「出羽島」でリアルぼくのなつやすみごっこをしたら死にかかった話

投稿日:

浪切不動尊を経て、うっかり高知に飛び出してしまったり、巨大な「れんこん」をみたりした段階(※後日触れます)で、午前10時半すぎ。

 

幻想的な緑の空間「波切不動尊」で森林浴で癒されてきた話

 

「ありゃ? これ行けるんやないか?」
  となって、向かったのは牟岐港。港で釣りでもするのかって? 違います。

 

実は連絡船に乗ろうと思ったわけさ。

 

その連絡船に乗れば、
出羽島という、一切車が走らない、総人口数十名の小さな離れ小島にいけるのだ。

 

で、行ってみた。

 

  連絡船の切符はどうするのかわからないまま、恐る恐る船に近付いてくと、

 

「どうぞ乗ってください」

 

と穏やかな海の男の人が笑いかけてくれた。聞けば、運び賃は出港してから払うシステムなんだそうだ。(8月9月は片道230円。それ以外は220円)

 

ちなみに乗る前に見ておこうね、出港時間。

 

 

時刻は午前11時ちょいすぎ。連絡船の出港時間が11時10分だったので、滑り込みセーフというわけ。

 

あいにく海風にバンバンあたれる外側の席は釣り人おじさんたちがいっぱいで座れなかったが、中は空いてて座れた。
(凄まじくクーラーが効いてて寒いくらいだった)

 

思いの外、船は揺れた。
が、たかだか15分程度だから船酔いする間もなく島に到着した。

 

船を降りると、島の人たちがいて、
「え? お出迎え?」と勘違いしていると、一緒の船に乗ってた孫娘たちを迎えに来ていたらしい。

 

自分の勘違いを自慢のポーカーフェイスでごまかしながら、早速出羽島をテクテク歩き始めた。

 

島唯一の郵便局

港からすぐ近くにあった。

 

 

出羽神社

 

なかなか雰囲気ある神社。

 

島に到着して5分たらずでいきなりまわるべきスポット的なところにいけた。

 

 

こりゃ幸先いいや、と今度は海をみようと階段を駆け上がる。さながらリアルぼくのなつやすみ。(高校2年の頃、通学途中に踏み固められた雪に滑って転んだんだ際に、見知らぬマダムに「大丈夫? ぼく?」と言われた俺だ。ぼく君役に相応しかろうて)

 

高台ルート。海へと降りていってみる。

 

流木というにはデカすぎる流木

この間の台風で流れ着いたのかな?

ここが無人島なら、この1本でイカダを作って脱出出来るんじゃないかな。

 

 

町並みというか島並み

 

すれ違う島の人たちの印象はね、働き者。おばあさんも何か忙しく動いてるし
、おじさんも熱心に漁の網を弄くってるし、子どももお手伝いに駆けまわってるし。穏やかな中にも活気があるんだよなあ。

 

診療所

 

Dr.コトー的な先生がいらっしゃるのかしら。

 

でね、灯台があるっていうから、わりと急激な坂を歩いてたのよ。そしたら灯台とは違う方を指した看板を見つけた。

このときの俺は、自分に恐怖体験がジリジリとにじり寄って来ていることに微塵も気付いていなかった。。。

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 海部

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved.