徳島県民による徳島観光 脇町

豪商たちの見栄と気品から生まれた美しい町並み・うだつの町並み

更新日:

前日を満喫して興奮し、眠れないまま迎えた三連休の2日目は腹ただしいほど良い感じの町並みを見てきた。

前日についての記事はコチラ

アンチ徳島な徳島県民が大好きな鳴門に海鮮を喰い、渦潮をみるために行ってきた

美馬市脇町には「うだつの町並み」ってのがある。わりと有名なスポットだそうなんだけど、俺は23歳で仕事で行くまで存在すら知らなかった場所だ。

 

豪商たちの見栄と気品で生まれた美しい町並み

 

この日(715)はかなり暑くなると聞いていたので、「じゃあ早朝にいけばじっくり見られるんじゃないか?」と朝4時からドライブがてら脇町に向かった。

 

かなりレトロ感ある雰囲気が、その辺一帯を包み込んでいて良い感じのスポットなんだね。

 

何でも、かつて豪商たちが各々の財力を誇示するために競うように家を建てたのが始まりだそうで、

どっかで聞いた話によれば、「うだつが上がらない(なかなか出世が出来ない)」の「うだつ(=卯建)」はココから来てるとか。つまり、「うだつ」が上がった人々の自己顕示欲が作り出した富と見栄の空間なんだろう。

 

 

そんな風に書くと下品に思えるかもしれないが、あくまできっかけに過ぎない。実際に訪れてみればわかるけど、現場はかなり上品に見えるんじゃないかな。少なくとも俺はそう思った。

 

うだつの町並みの近くには、大好きな道の駅(藍ランドうだつ)がある。前に「かずら橋」へ行った帰りに寄ろうとしたら、駐車場がいっぱいで断念したところだ。

 

この日は早朝だったこともあり、駐車場は空いていたが、それでも何台かはすでに停まっていて驚いた。でも、とにかく駐車した俺は車をおり、スマホ片手に辺りを探索し始めた。

 

駐車場から「うだつの町並み」へは続いていて、歩きながら進んでいける。車をとめる場所によっては、徒歩30で「うだつの町並み」だ。

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 脇町

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2018 All Rights Reserved.