徳島県民による徳島観光 雑記

【大晦日】2023年を振り返る徳嶋ダイスケ【雑記】

更新日:

川田まんぢうの最後の日

閉店の日に朝イチで並んで買ってきた。

そこで四国放送のインタビューに応えたり、一緒に並んでるおじさんおばさんたちとだべったり、いつもXもといTwitterもといXで絡んでいただいている、川田まんぢうのお店の方にお会い出来たり。臨時駐車場が絶妙に遠かったことも含めて、良い思い出だ。

この日に買ったまんぢうは、家族と食べたり、地酒とマリアージュさせたりして楽しんだ。全部記事にして、全部動画にもした。大事な文化だから、どうしても残しておきたかったからね。

あと、しつこいようだが、俺は本気で最後だとは思ってないからね。便宜上「最後」って言ってるけど、全然思ってないから。だからこそ「また会おう」と言ってるわけで。

いつか必ず復活すると信じてるんで。その日が来たら、買った川田まんぢうTシャツを着て、まんぢうを買いに行くんだから。あんな旨いまんぢうが、このまま無くなっていいわけない。

かわたー、まんじゅっ!

第2回にし阿波の花火

ティラノサウルスレースでお会いしたポンジュさんに誘ってもらい、友達や弟マーを連れて、4人で参加した「第2回にし阿波の花火」。これはホンマ良かった。日本屈指の花火競技大会を徳島県で観られるというね。何たる幸せ。

この数年、人が集まったり、大規模なイベントが軒並み自粛したりしていて、世界中が落ち込んでいたわけでしょ。それがようやく少しずつ以前のように盛り上がりつつある感じを体感できてうれしかった。

もちろん花火そのものも最高で、正直見上げながら泣いたもんな。

花火も、花火に合わせた音楽も、歓声も、何もかもが合わさって心が震えた。第3回も観に行けたらいいな。

徳島ガンバロウズ 開幕戦などなど

今年個人的に一番のニュースといえば、徳島ガンバロウズの始動開始だ。

歴史的瞬間を観ようと、開幕戦から観にいったもんね。ほぼほぼ先頭で並んでて、前後の人たちとも仲良くなって、四国放送のインタビューに応えたり、順番にグッズ売り場に買いに行ったり、待ってる時間からすでに楽しかった。

開幕戦でドはまりして、以降は11月に1試合、12月に2試合生観戦。

つまり毎月1試合以上は応援に行っている感じだ。多分今後もこれくらいのペースで行くんじゃないかな。推し選手も出来たことだし。

来年はアウェー戦も観に行けたらいいな。

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 雑記

Copyright© 週刊トクシマ , 2024 All Rights Reserved.